和歌山県和歌山市のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)和歌山駅前校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!和歌山県和歌山市のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen和歌山駅前校」

第47回教室日記
228 Views

こんにちは!

iTeen和歌山駅前校の宮井です。


前回に引き続き、小テスト実施の様子や変化などの報告をさせていただきます。

本日は「諦めない」ということです。


小テストは5分~15分程度で終わるような内容になっています。

「テスト中は先生に答えに繋がるような質問はしてはいけない」

とルールを決め取り組んでいるため、いつもなら先生からヒントをもらい考えるのですが、テスト中ではそのようにはいかないのです。


そのため、子どもたちはわからない問題も自分自身でブロックやScratchの画面からヒントになるものを見つけていく必要があるのです。


子どもたちには「このテストはScratchの画面からヒントがあるかもしれないから、わからない問題もすぐに諦めないように」とテスト中には声をかけるようにしています。


もちろん個人差はありますが、繰り返し練習をしていくことで「もしかしたらヒントがあるかもしれない」という気持ちになり、諦めずに一つ一つ文字を読み、全体を把握しようと試みてくれるようになってきました。


「すぐにわからないと言う」「(答えを)聞きたい」「諦めて違うことをする」の子どもたちは少なくなったように思います。