兵庫県西宮市のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)西宮津門校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!兵庫県西宮市のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen西宮津門校」

プログラミング・コミュニケーション講座
242 Views

本日は、プログラミング・コミュニケーション講座を受講いたしました。


毎回毎回コミュニケーション系の講座を受けて思うのですが、本当に奥が深い。

深すぎて全然底が見えてきません。


ま、そりゃそうです。

人によって接し方や話し方を変えていく必要がありますからね。


「コミュニケーションに答えがあればいいのになぁ」と思うことも多々あります(笑)


でも、答えが無いからこそ気づくこともありますし、できることもあります。

答えがあると、どうしてその答えになったのか。を考えなくなってしまいます。


答えが無いからこそ面白いんですよね。



今回、特に残ったのが「聴く」という項目。

みなさんは、「聞く」と「聴く」の違いをご存知でしょうか?


聞いたことはあるけど、何が違うのかあんまり分からない。という方もいらっしゃると思います。


私自身も最初はそうでした。


ものすごく簡単に違いを説明すると、

「聞く」→言葉のやりとり

「聴く」→心のやりとり

ということです。


今回はこの「聴く」について学びました。

この「聴く」という行為の目的をご存知でしょうか。


その目的とは

1.ワンダウン(相手と同じ位置に立つ)

2.オートクライン(自分で聞いて気づくこと)

3.パラクライン(影響を与え合う)

の3つがあります。


これが相手とコミュニケーションをとり、関係性を築く上でものすごく大切なことなんです。


1つめのワンダウンとは、普段教える立場の先生が、生徒に教えてもらう。というような相手と同じ位置に立つことです。


相手との上下関係があると、気づけないことがたくさんあります。

逆に相手と同じ位置にいると、相手が何を思い、何を考えているのかが分かりやすくなります。

相手の立場に立ってみること。ということです。


2つめのオートクラインとは、自分の考えや思っていることを実際に声に出し、聴くこと。

自分の声を自分で聴くことで、気づいていなかったことに気づくことが出来ます。


例えば、自分の苦手なこと、得意なこと

自分の弱み強みを口に出して言ってみるんです。

そうすることで、意外と気づけていなかったことが、自分の口から出て、耳に入ってくることで気づくことができるんです。


3つめのパラクラインとは、相手と自分にそれぞれが影響を与え合うことです。


相手から学べることは何か。

相手に対して自分が役立つことは何か。

そういったことを意識して、相手に良い影響を与えることです。


長々と書かせていただきましたが、

結局「聴く」ということは、

1.笑顔で

2.うなづいて

3.一緒に笑う

ということだと思います。


関係性を築く上で「聴く」ということはものすごく大切です。

ただ、それと同じぐらい「笑顔」も大切だと思います。


相手の話に共感し、素敵な笑顔で笑い合う。

そうすることで、自然と素敵な関係性が築けるのではないでしょうか。

私はそう思います。


ただ、なんとなく聞いてしまっていませんか?


しっかり目や耳、体を使って「聴く」ことを意識してみてください。

たったそれだけで、相手と素敵な関係性が築けることでしょう。


是非実践してみてください。

「聴く」ことを意識して。