東京都練馬区のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)練馬光が丘校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!東京都練馬区のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen練馬光が丘校」

プログラミングの歴史(その5)
89 Views
こんにちは、iTeen練馬光が丘校です。
今日はプログラミングの歴史についてご紹介します。

前回(プログラミングの歴史その4)で紹介したプラグボードですが、これは計算をするコンピュータとは別にそれぞれ用意しなければいけませんでした。
この不便を解消したのが、フォン=ノイマン・アーキテクチャ(ノイマン型)です。
ノイマン型のコンピュータは、CPU(計算をしたり、コンピュータの動きをコントロールしているところ)と、メモリ(情報を記録するところ)と、この二つをつなぐバスと呼ばれる経路で構成されています。
これの発明により、コンピュータ(のメモリ)の中にデータとプログラムを一緒に保存しておけるようになりました。
この頃のコンピュータは、まだ、以前紹介したパンチカードや、穴を開けたテープ(鑽孔テープ)などを使い、プログラミングしていました。
穴が開いているか、開いていないかでデータを保存するやり方です。
この他にも、スイッチなどで電気信号を直接流したり、電気が流れる配線を置き換えたりという方法もありました。
穴がある、または電気が流れている状態を1、穴がない、または電気が流れていない状態を0として、この0と1の並び方でデータやプログラムを作っていたということです。
この、機械が直接読み取れるプログラムを「機械語で書かれたプログラム」と言います。
プログラミングのためにプログラミング言語(プログラミング専用の言葉)を書き連ねることを、コーディングと言いますが、機械語のコード(命令)を並べるこの時代のプログラミングが語源です。

どんどん技術が進歩していますね。
小型化、利便性の向上は、技術の黎明期にこそ目覚ましいものがあるのではないでしょうか。


無料体験授業は随時受け付けております。
子どもにプログラミングを学ばせたい、
子どもがロボットに興味がある、
自分で作ったゲームで遊んでみたい、など、
少しでも興味のある方はお気軽にご連絡ください。
練馬区光が丘でお待ちしています。
【iTeen練馬光が丘校 03-5848-8975】
【iTeenコールセンター 0120-370-270】