長野県長野市のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)長野校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!長野県長野市のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen長野校」

はじめまして!よろしくお願いします。
213 Views

はじめまして、6月から新教室長に就任しました赤島といいます。

これからは教室の様子や日々の授業で感じたこと、イベント情報、緊急時の対応(コロナ等)などを定期的に発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。


さて、教室長に就任して早くも1週間が過ぎました。実際に教室に入ってみて、元気な子が多いなという印象です。授業当日、生徒達に馴染めるか心配で、初めて会う子供たちにどんなことを話そうかと身構えていたんですが、一人の生徒が「こんにちはー。まだ授業の時間じゃないけど学校終わったから早く来たー。」と言いながら入ってきて、そのまましばらくは学校での出来事を話してくれました。先生の心配を気にも留めていないようで驚かされました。(そのトーク力うらやましい(^^;))その後も興味をもってもらえたようで子供たちの方から先生に質問してくれたり、思っていたよりもすんなりと先生のことを受け入れてくれたようでひとまずホッとできた瞬間でした。

授業が始まると、「ぅおー!」とか「えーー!」とか「そっちじゃないのにー!」とか叫びながら楽しそうにブロックを動かしていました。印象的だったのは、その叫び声のあとには、なんで?どうして?と自分で考えてコードを書き換え、実行している姿です。スクラッチはブロックと呼ばれる命令を順番に並べて組みたてるのですが、少しでも順番や数字が違うと思っているように動きません。数字を変えたり、ブロックの位置を入れ替えてみたり子供たちなりに試行錯誤を繰り返し、形にしていきます。プログラミングにおいて失敗は当たり前です。うまくいかなかったらなぜうまくいかないのか?考えさせ、先生がアドバイスを伝えます。しばらくすると子供たちから「できた!」「楽しい」「もっとこうしたい!」という言葉が出ていました。そんな言葉が聞けると先生達もうれしいです。

小さな成功体験かもしれませんが、失敗を恐れずチャレンジし続けること。プログラミングを通してそんなことも伝えられるといいなと思います。子供たちの成長をサポートできる教室を目指して努力していきますのでこれからも長野校をよろしくお願いします。



普段の授業からお子様のペースに合わせて楽しくやっています。

気になる方は無料で体験授業を行いますので是非お子様と一緒にお越しください。

お問合せは  026-225-9933 あかしまへ