福岡県北九州市小倉北区のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)小倉霧丘校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!福岡県北九州市小倉北区のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen小倉霧丘校」

【プログラミング教育】小学生保護者の間違った価値観と正しい価値観
50 Views

こんにちは!北九州市小倉北区のプログラミング教室iTeen小倉霧丘校の中原です。

今日は、保護者の「間違った価値観」と「正しい価値観」についてお話しします。

特に、小学生のお子さまを持つ保護者の方々が陥りがちな誤解と、

それに対する正しい理解を3つのポイントで説明します。

プログラミング教育の本当の意味を一緒に考えてみましょう!


間違った価値観①:「プログラミングは難しいから、うちの子には無理」

「プログラミング」という言葉を聞くと、多くの保護者は「難しそう」「うちの子には無理」と

思いがちです。

でも、実はプログラミングは、小学生でも楽しみながら学べます。

特に、「Scratch(スクラッチ)」というプログラミング言語は、ブロックを組み合わせるだけで

簡単にプログラムを作ることができ、子どもたちは遊び感覚でプログラミングを学べます。

実際に当校でも、多くのお子さまが楽しくプログラミングに取り組んでいます。

正しい価値観①:「プログラミングは小学生でも始められる」


間違った価値観②:「プログラミングは将来IT業界で働く人だけに必要」

一部の保護者は「プログラミングはIT業界に進む人だけのもの」と考えています。

しかし、プログラミングで学ぶ問題解決能力や論理的思考は、どんな仕事でも役立ちます。

プログラミングを通じて、子どもたちは考える力や創造力を養うことができるのです。

例えば、プログラミングを使ってお店の在庫管理を自動化することや、

イベントのスケジュール管理を効率的に行うアプリを作ることができます。

こうしたスキルは、どの職業に就くとしても、役に立ちます。

将来の選択肢を広げるためにも、プログラミングは非常に重要です。

正しい価値観②:「プログラミングはどんな仕事にも役立つスキル」


間違った価値観③:「学校で習うだけで十分」

多くの保護者は、学校でのプログラミング教育だけで十分だと考えています。

しかし、学校の授業は限られた時間で学習しているため、子どもが本当に理解し、

実践力をつけるには限界があります。

プログラミングをしっかりと身につけるためには、学校外での学びも大切です。

例えば、家で自分の興味に合わせてプロジェクトを作ったり、プログラミング教室に通って

専門の講師から指導を受けたりすることで、より深く学ぶことができます。

正しい価値観③:「学校外でも学ぶことが重要」


当校では、お子さまが楽しく学べる環境を整えています。

ぜひ、プログラミングの世界に一歩踏み出してみませんか?

皆さまのご参加をお待ちしています!

--------------------------------------------------------

プログラミング教室 iTeen小倉霧丘校

▽体験授業申込み・お問い合わせの方はコチラ▽

TEL:0120-370-270

WEB:https://iteen.jp/schools/kokura-kirigaoka/inquiry

--------------------------------------------------------