兵庫県伊丹市のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)伊丹校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!兵庫県伊丹市のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen伊丹校」

伊丹校iT news7
76 Views

10月ですネ!

まぁ別段何かあるわけではないのですが、安部は最近、結構熱心に勉強に取り組んでたりしてます。

これも授業の質向上のためですネ!!


というわけで実は現在一生懸命ScratchでドラクエっぽいRPGを作ってるんですねー。

で、スプライト準備するのがめっちゃ時間かかりまして、現在も追加機能実装するたびにどんどん追加してってるとこなんですよ。


と、まぁ前置きは置いといてですね、今回はScratchのスプライトについてほんの少しお話していこうかなーなんて思います。


まずスプライトというのはですね、キャラクター (画像) を表示したり操作したりする 機能のことで、特徴としては、他の絵に影響されず自由に動かしたりすることができます。

Scratchの場合、スプライト単位で操作することが前提になっていて、絵を移動させたり、見た目を変えたりできます。

当たり判定やイベントに対する処理を設定することもできます。

で、そんな便利なスプライトなんですけど、自分で作れちゃうんですよね。

安部はスプライトを作るのがScratchを触ってる中で一番楽しいですね。

自分でキャラクターを考えてもいいし、もともと存在するキャラクターを見本に作ってもいいしで、3時間ぐらいぶっ通しで描いたりすることもしばしば、、、、

結局ですね、自分で考えてゲーム作るときに元から実装されてるスプライトを選択するよりも、自分で描いて作った方がやりがいも動いた時の達成感も大きくなると思うんですよネ!


だから、伊丹校では生徒の子たちにゲーム制作の段階に入るときにスプライトは絶対に作ってもらってるんですよね。


以上、雑談でした。。。。