神奈川県藤沢市のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)藤沢校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!神奈川県藤沢市のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen藤沢校」

【藤沢版】プログラミング教育のリアルなお話
553 Views

藤沢の子どもたちは、11人で1つのパソコンを使っている!? 


2019年3月の文部科学省の調査では、
藤沢市内小中学校では、教育用コンピュータの1台あたりの生徒数が約11人でした。
(神奈川県内だと6.9人/1台、全国平均 5.4人/台) 

11人で1台…
好奇心旺盛な子どもたちは、満足できるか疑問です。 

4月の必修化に向けて、おそらくどの学校でも
整備は進んでいるのではないかと思いますが、
理想と現実のギャップはありそうです… 

パソコンのスキルUP、プログラミングの学習のためには、
まずは手を動かして見ること・パソコンに触れてみることが大切なのですが…
子どもひとりに1台、十分にパソコンに触れられる環境が求められます。 


藤沢市内の小学校でも、進度はバラバラ…


iTeen藤沢校の子どもたちに学校でのパソコンの授業や
プログラミングについて聞いてみると、驚きの返答が! 

「年によって、パソコンの授業があるクラスが決まってるの。
去年は○組がパソコンできて、今年は●組がパソコンできる。」 


「プログラミングの授業始まったけど、5分しかパソコン触れなかった!」


「先生に、プログラミングしないの?って聞いたら、
えらい先生がまだしないよって言ったからまだできないって言われた」 


「プログラミングやったよ! 簡単だったから、どんどんプログラミング作ったら、
まだそんなにやらないでって注意されちゃった!」 


担任の先生が、少しパソコンに強いから、パソコンの授業多いみたいです…
という保護者の方も。
確かに、パソコンが得意な先生はいいかもしれませんが、
苦手な先生はお手上げ状態になりそうですね…。

学校によって、パソコンなどの環境整備にばらつきがある事実に加えて、
先生たちの個々の技量に任されているため、
学校の現場はてんてこまいになっているようです。 
(英語も同時に必修化ですもんね、そりゃ大変)


そうはいっても、4月からはプログラミング教育必修化が始まります!

教室に来る子どもたちを見ていると、私もびっくり

もうすでに、子どもたちの中には、
パソコンの操作もバッチリな子どもと
全く触ったことない子どもの差は歴然と現れています。
同じ学年でも、こんなに差があるのか…と驚愕します。 

せっかく学校でも、プログラミングが始まるなら!
効果的に学習しませんか?

先取りで、プログラミングの基礎や考え方をおさえてしまえば
学校でもプログラミングも、今後出てくるパソコンのスキルも
こわいもの知らずになるはず…! 



iTeen藤沢校では、

・一人1台のパソコン、個別指導でじっくり学習
(教室のパソコンを使うので、購入の必要はなし!安心!) 

・お子様に合わせた、オーダーメイドカリキュラムで学習
(楽しく学習できるから、どんどんスキルアップ!) 

・パソコンの基礎スキルからITリテラシーまで組み込んだ授業
(お子様が安全にネットを使えるようお手伝いをします) 


そもそもプログラミング教室でどんな感じ?
どんなことを勉強するの?まずは体験したい! 

そんな方は、無料体験授業へお越しください!
お友達との参加も大歓迎です。 

まずは、お問い合わせください☆