神奈川県藤沢市のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)藤沢校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!神奈川県藤沢市のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen藤沢校」

Scratchと算数の相性がとてもいいお話。
20 Views

先週から授業が始まり、楽しそうに教室に来てくれる
みなさんにお会いできるのが楽しみな神崎です。 

Scratchでプログラミングをする中で、
自然と算数や数学の知識を使っていきます。 

例えば、
Scratch内のキャラクター(スプライト)の位置を
決めるために、座標を使います。 



”この場所にキャラクターを移動させるためには
横に○○だけ、縦に○○だけ移動させればいいよね!” 

と、小学1年生や小学2年生の子どもたちが話ながら
ゲームを作っています。 

座標を勉強するのは、実は「中学生」の数学です。
小学生のうちから、プログラミングを身に付けながら
座標の考え方を身に付けると、今後の学習にも役立ちそうですね! 

他にも、角度も使います。
算数の角度の考え方とはちょっと違うので、注意が必要です。 

ただ、Scratchには、向きの角度を考えるのに、角度が出てきてサポートしてくれるので
考えやすいです。 

子どもたちの中には、
自分から、「90度は3時の向きだね」と、
自分が持っている知識で考えようとしてくれる子も。 

新しい知識を今もっている知識で置き換えると、
理解しやすくなりますよね。 

普段の勉強では、おもしろくない算数も、
もしかしたらプログラミングをしながらだと楽しく感じるのかもしれません。 

座標や角度という、ダイレクトに算数や数学と関わってくる部分もありますが、
プログラミングの考え方が、かなり論理的に考える必要があります。 

例えば、○○だから、△△。□□ならば、◇◇。など。

文章問題や証明問題を解くには、算数の力だけではなく、論理的に考える力も必要です。
算数以外の科目にも、もちろん使える力です。 

学校の授業だけでは、なかなか身につきづらい、考える力も、
プログラミングで楽しく身に付けられるといいですね! 

無料体験授業、受付中です。
授業の枠も少数限定のため、ご希望の方は早めにご連絡ください。