秋田県秋田市のプログラミングスクールなら「iTeen(アイティーン)秋田保戸野校」!!教育のプロが、プログラミングを一から丁寧に個別指導します。小学生から高校生対応!秋田県秋田市のプログラミング、IT知識の個別指導「iTeen秋田保戸野校」

【講師作例・第三回】自作キャラの作成方法②
367 Views
【講師作例・第三回】自作キャラの作成方法②

こんにちは、iTeen秋田保戸野校の岡村です。ゲーム作りに役立つ機能紹介ということで、今回は前回に引き続きオリジナルキャラクター作成の方法についてです。

 

前回は描画機能を用いて0からキャラクターを創造するという内容でした。しかし前回の方法は図形を組み合わせたもので「生物感が足りない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回は既存のものを組み合わせてキャラクターを作る方法を簡単に紹介します。


ではまず基本知識として、Scratchには独自のオリジナルキャラクターが何体も入っています。ネコなどがいい例ですね。さて、これらのキャラクターは大まかにパーツが纏められています。


例えば頭部などは初期状態だとこの塊でしか動かせません。しかし頭部を選択中に、上の段にある「グループ解除」というコマンドを押すと、細かく分割することができます。


更にこれらのパーツは、「グループ化」の下にある「コピー」と「貼り付け」を用いることで、別のコスチュームに移動することが可能です。この機能を用いて、色々なキャラクターのいいところを集めてキャラクターを作ってしまおう!というわけです。


例えば今回は下の三体を用いてキャラクターを作ってみましょう。ネコをメインにグリフォンの嘴とドラゴンの炎を活用してみます。あとは前回紹介した図形や色変えなども活用すれば…


こんなのができたりします。


キャラクターを作るという工程は創造力を刺激します。一度作ってしまえば、次は攻撃、動き、アニメーションというようにどんどん発想できるかもしれません。


一度挑戦してみてはいかがでしょうか。


また、現在無料体験会or雪合戦イベントを実施中です。

どちらも無料ですので、お気軽にご参加ください!

無料体験会・イベントの申し込みはこちら!